エストラート制度とボゴタの治安(2016年現状)

エストラート制度

コロンビアにはエストラートという制度があり、簡単にいうと住民の生活レベルに応じて各地区が分類されています。貧しいとされるレベル1から裕福とされるレベル6に分けられ、貧しい地区は税金・公共料金等が安く設定され生活費の安く済む一方で、裕福な地区ではそれを補うように高いという制度。そのため、地区によって住んでいる人の服装やお店、雰囲気はガラッと変わり結構ショックを受けます。当然、エストラートのレベルが低ければ治安も悪化する関係にあり、無用に近づくことはおススメしません。エストラート別の色分け地図は下記の通り。赤・肌色の地区がいわゆるレベル1、2、緑・茶色が5、6。

ボゴタ エストラート地図

ボゴタの治安

南米に来るぐらいの人であれば旅慣れされていると思うので全く心配していませんが、前提として日本のような安全な国は世界的にみて当然例外ですと。その意味で、言うほど悪くなくありません。結局地区に寄りけりなので、そこをどこであるか把握すれば無駄に精神すり減らす必要はありません。ただし、日本人バックパッカー(ワタシ含む)に稀にある、「とりあえず知らないとこ散歩したい精神」はここボゴタにおいては、出発する前に宿のコロンビア人に地区の安全性を確認してください(特に夜間)。外務省が発表している、危険情報・スポット情報・広域情報はこちら

ボゴタの観光スポットである旧市街のカンデラリア(La Candelaria)は比較的貧しいレベルになりますが、日中は警官が沢山見張っているので問題ありません。カンデラリア自体というよりはカンデラリア周辺が結構ラフな地区になります。但し、夜間は警官の数も減るのでお1人散歩は控えた方がベターかと。私的な体験ですが、コロンビア初日の夜、旧市街で犬の散歩をしているおばさんを見かけて「え、結構安全じゃん」と思ったのもつかの間、暗くて細い道に入った瞬間に浮浪者に声を掛けられているのを見た時は寒気がしました。

上記地図よりわかるように南は貧しくて北は比較的豊か、という認識は最低限頭に入れておいて頂ければと思います。バックパッカーが集まる安宿はカンデラリアに集中していますが、少しお金を出して北上したとこにある高級住宅街のChapinero alt地区、オシャレなバーやクラブが集まり外国人も多いZona Rosa地区やParque 93近辺にある宿がいいかなと思います。この辺は大都会なので物価は日本よりちょっと安いぐらいですが、お金で安心・安全を買うと思えば安い話かと。北の山付近にはレベル2等の地域があるようですが、まず行く用事がないと思いますので割愛。

La Candelaria

Light of La Candelaria, Bogota
カンデラリアの夜の外出には用心すべきですが、これまたオレンジの街灯と歴史を感じる家々が綺麗なんです

Chapinero alt

タクシー

ボゴタのタクシーの評判はいまだによくありません。乗車する際は道で拾うのではなく、宿やバー、レストラン等でタクシーを呼んでもらってください。「お前(ドライバー)の素性はワタシも第三者(タクシー会社)も知っているから悪いことするなよ」という抑止力があるか否かの問題です。コロンビア人はタクシーに乗車する前に、タクシーの外のドアにでっかく記載された車のナンバーとドライバーの顔写真を携帯で撮影してから乗ったりします。そして少し上乗せされた額を請求されることが多々あります。

ボゴタのメインのバスターミナル(Salitre地区。比較的裕福で安全な地区なので近くのバス停まで歩いても大丈夫)から市街へは、乗車前にタクシー整理券をもらってからの乗車になるので安心してください。

携帯の電波がある人は事前にタクシーアプリ(UBERTAPPSIEASY TAXI)をダウンロードしてアプリを利用してください。特にウーバー(UBER)はクレジットカード決済で現金のやりとりをする必要がなく、ボゴタでは普通のタクシーと比較して断然安いのでおススメです。ただ、ボゴタで初めてウーバーを利用した時、ウーバー経由でなぜかタクシーが来て、結果ドライバーはウーバーのアプリを利用せず現金で運賃請求してきた時はまいった(しかもウーバーが概算する運賃の倍)。払うしかない。ま、円換算すると300円ぐらいの話なんですが。その後、当ドライバーをウーバーから永久追放させるべくウーバーのカスタマーサービスに状況報告すると、数日後にその際支払った金額をアカウントに加算してくれました。当然ワタシの心はがっつり持っていかれました。

(追記:ウーバーは2016年末現在、「違法」ということでタクシードライバーや警察の妨害行為が頻繁に起きています。バスターミナルや空港発もしくは行きで利用する際はメインのタクシー乗り場から少し離れた場所からアプリを使うことをおススメします。また複数人で乗車する際も1人が助手席に座らされるのは、あくまでタクシーではないと見せかけるためです。それでもワタシの経験上、ウーバーの方が安全だし彼らは絶対にナビを使うので遠回りして運賃を稼ごうとか道に迷うとかタクシー乗車時によくあることは起こりません。)

最後に、危なそうというひと昔前の偏った認識(昔は本当に危なかったよう)だけでコロンビアを旅の行き先から外すのはコロンビアファンのワタシとしては残念で仕方ありません。日本人、欧米人の旅行者でコロンビアに来てコロンビアを好きにならなかった人に会ったことがないぐらい本当に魅力に溢れる国ですので。

地図参照:http://www.sdp.gov.co/portal/page/portal/PortalSDP/InformacionTomaDecisiones/Estratificacion_Socioeconomica/Mapas

“エストラート制度とボゴタの治安(2016年現状)” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です