ボゴタの語学学校選び

人それぞれスペイン語を学ぶ動機やモチベーション、基礎レベルが違うので一概にどこのスペイン語学校が良いとは断言できませんが、ワタシのケースを参考までにお伝えします。

通う学校はUniversidad Nacional de Colombiaのボゴタ校。理由は授業料が安い(私大は大体倍のイメージ)から、キャンパスで優秀な学生に会える可能性が高いから、スケジュールのタイミングがちょうど良かったから。
*2016年7月現在の情報ですので最新情報は学校にウェブで確認、直接大学に問い合わせてください。

手順①オンラインで受講申請
→②指定銀行口座に受講料(2タームで約COP1,600,000)を振り込み
→③振込証明書を大学に持っていきサインをもらい
→④その証明書とパスポートを持参してパスポートセンターに行き学生ビザ(TP3)を取得
→⑤クラス分けテスト(筆記と面接)
→⑥受講。

1タームで2ヵ月、クラス分けテストによって5つのレベルに分けられる。通常ビザなしで入国する日本人は90日まで滞在可能なのでビザなしで1ターム受講可能であるものの、語学学校に行くにはいずれにせよ許可が必要なのでパスポートセンターに行く必要があるとか。授業は月曜から金曜の16時から18時の週10時間。

スケジュール感:授業は8月1日開始、①は7月19日(火)よりオンラインで受付開始(絶対遅すぎる!)、②③④銀行の長蛇の列に耐え振込、大学を経由し、その後パスポートセンターへ。①から④まで本気出せば2日でできるかと思いますが④のパスポートセンターの営業時間は7:30-12:00までです。⑤は7月28日(木)のためお役所が開いている平日の8営業日で終わらせないといけないという過密スケジュール。ビザは即日発行。

他の語学学校によってはインテンシブクラスがあり1日4時間学べる学校もあるので急ぎで学びたい人、あくまで少人数のクラスに拘りがある人等は他をご検討ください。

“ボゴタの語学学校選び” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です