ボゴタに地下鉄?2022年までお待ちを

コロンビアに住んでいて不満に感じることは数少ないのですが、車の渋滞とバスの混雑だけは本当KAIZENして頂きたいと切実に願っているのはワタシだけではないかと。通勤時間帯の渋滞は異常でその間のタクシーやバス移動は避けるようにしていますし、渋滞のないはずのトランスミレニオ(専用レーンのあるバス)は常に混雑しているので本当に乗りたくありません。乗りません。自転車重宝しています。

しかし、漸くボゴタにも2022年に地下鉄ができることになるとのこと。雰囲気は下記の動画をご参照ください。

 

地下鉄というよりメデジンにもある高架式ですね。2018年着工で2022年竣工予定。予算は47.7億米ドルのメガプロジェクトで国負担が7割、残りの3割がボゴタ市負担。約30キロのルートは下記の動画にあるように、想定内というところでしょうか。

 

個人的には中国の新しい乗り物のようにイノヴェイティブなものを期待していたのでがっかりですが、とりあえず以前のように企画倒れ(以前の市長は地下を走る地下鉄を計画するも予算問題で実現できず)にならないことだけを祈ります。

出所:financecolombia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です