コロンビア・ウーバー営業停止

゛コロンビア政府は数週間以内に、税金及び労働環境における問題があるにも関わらず営業を続けるウーバーに対してコロンビアにおける営業停止を正式に求める予定‟

この問題は以前から指摘されており、タクシー運転手からの妨害やプロテスト等が続いていましたが政府は本気のようです。

個人的にウーバーの配車サービスは重宝していたので残念で仕方ありません。ローカルのタクシーアプリのTappsiにもドライバーの評価システムがあって一定の安全性が担保されるのはわかるんですが、以前コロンビアに引っ越してきたばかりの時使用して、ドライバーがピックアップ場所に来るまで道に迷ってスぺ語で対応せざるを得なかったトラウマがあってそれ以来使用していません。ついでにウーバーの車の方が大抵乗り心地が良くて、ドライバーもプロじゃないが故にサービス(態度とか社内の装飾とか匂いとか)も全然良かったりする。

何より、ここボゴタではタクシー運転手による強盗が頻繁に発生しているので本当に一人でタクシーにだけは乗りたくないんです。道中、ドライバーの友人が乗り込んできてATMに連れていかれ現金を引き出すまで帰してくれないって例の話。ボゴタに出張で来て、コロンビア人と2人でタクシーに乗り込んだ日本人の友人は実際そこまでいかなかったものの、あり金全部出せと、ナイフを持ったドライバーに脅され被害にあったり。故に既存の黄色いタクシーには絶対に乗りたくないんです。まして道で拾うのは無謀。

何もウーバーの全てを信奉してるわけではなくて、あからさまに既得権益を守るためのコロンビア政府にがっかりしてるんです。選択肢はあっていい。

出所: http://colombiareports.com/colombia-seeks-shut-uber-entirely-within-weeks/

“コロンビア・ウーバー営業停止” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です