ボゴタから週末で楽しめるタタコア砂漠(Desierto de la Tatacoa)

desierto-de-la-tatacoa-cusco
180度に広がる虹 El Cusco @Desierto de la Tatacoa

最近色んな人に会う機会が増えたのでその度にコロンビアでおススメの観光地・村を聞くようにしていて、タタコア砂漠は逆にどれほどのものなのか行ってきて欲しいというリクエストを頂き行ってきました。

ボゴタから南へ向かい計6、7時間走ったところ(バスの乗り換えあり)のウイラ県にあります。グーグルマップにはプールの写真が出てきたり、英語でも結構限られた情報しかないのでほとんど下調べせず行ってきました。なのでここに記載する情報が少しでも旅のストレスを軽減するのに役立って頂ければ幸いです。

タタコア砂漠(Tatacoa)行き方

desierto-de-la-tatacoa-el-cusco-6
El Cusco @Desierto de la Tatacoa

ボゴタからバスで5時間かけてネイバ(Neiva)まで行き、ローカルの四駆(またはバン)でVillaviejaという最寄りの村まで、もしくはネイバから直行(約1時間半)でタタコア砂漠の展望台やキャンプ場まで行けます。

ボゴタからネイバまでは頻繁にバスが出発しているので、5時間の夜行バスに耐えられる方はボゴタ発の最終便22時くらいで出発し、ネイバ発の始発バスに(5時半から6時半)乗り換えてください。ワタシのようにボゴタを20時半発等にのると深夜の田舎のバスターミナルで時間を潰さないといけないという結構ハードな日程になります(嘘かわかりませんがワタシの場合はそれ以降のバスは満席ということでした)。特に何もこだわりなければ最大手のBolivalianoが無難かと思います。COP44,000。(深夜のターミナルには夜中でも働いている人の数は多く、ワタシはラッキーにも店番をしていた可愛いコロンビア人がワタシも暇だからスペイン語を教えてあげるということで3時間ぐらい個別レッスンをして頂きました。)

それからネイバのバスターミナルからタタコア砂漠(もしくはVillavieha方面)に向かうわけですが、乗車人数が少ないので集まったら早目に出発したりします。本当に観光地なのか、と思わせられるほどターミナルで働く人にバス情報を聞いても知らなかったりします。一緒に乗車したローカルの人は皆途中下車してしまったので正確にはわかりませんが、宿泊を考えていたホステルまで直行してくれてCOP15,000(500円ぐらい)でした。

タタコア砂漠(Tatacoa) 宿情報

desierto-de-la-tatacoa-noches-de-saturno
タタコア砂漠 Noches de Saturno

Villaviejaではなくせっかくなので砂漠で星空観察楽しんで頂きたいなぁと思いますが如何せんネットが通じないエリアなのでそれは覚悟を。王道ですが、ワタシはNoches de Saturnoというグーグルマップにも出てくる宿に泊まりました(ワタシはハンモックCOP12,000を選びましたがCOP15,000でキャンプの貸出もしており、また値段はわかりませんがコテージもあります)。展望台やバー等のお店の敷地裏でキャンプできる場所や宿泊場所はいくらでもあると砂漠まで来てわかりましたが、重い荷物を背負って宿探しをするのが極端に嫌いなワタシと同じタイプであればとりあえずNoches de Saturnoでいいかと思います。年末で人も多いと思いきや20人ぐらいだったと思います。客の大半はコロンビア人の家族連れで、外国人はフランス人のお爺さん(本当にフランス人はコロンビアのどこにでも出没します)とスイス人の女の子とワタシだけでした。

 

タタコア砂漠(Tatacoa)楽しみ方

desierto-de-la-tatacoa-ventana
タタコア砂漠(Desierto de la Tatacoa) Ventana

タタコア砂漠の醍醐味は大きく3つあると思っていて、1つ目は暑さ、2つ目は動植物の多様性、そして3つ目は砂漠の景色ですかね。

1つ目、とにかく暑い。但し、日陰でハンモックの昼寝は最高に気持ちがいい。ここです。普通のコテージに泊まる方は日中の暑い時間にはハンモックを借りてお昼寝してみてください。ボゴタの寒さが嘘のように感じます。Los Hoyosのプールは背景にある自然とはかけ離れた人工的なセンスのないプールなのでワタシは入りませんでしたが、どうやら有名なので入りたい方は。

2つ目、動植物の多様性が凄い。ザ熱帯地域の黄色い鳥と赤い鳥、ワタシの昼寝姿をなめるように近くで眺めるハゲタカ、宿にいたお喋りインコ、メェメェうるさいけど愛らしい羊、色んな形したサボテン、どれもボゴタでは見られない珍しい動植物達で、ガラパゴス諸島で初めて感じた動植物の魅力を改めて感じました。宿泊したところでラム肉(Carne del cornedo)が食べられるので是非ご賞味ください。

3つ目、景色が綺麗。

・ Villaviejaから走って10分ぐらいして急に砂漠に代わる景色は神秘的です。

・ そして観光の見所である「El Cusco」と「Los Hoyos」のそれぞれ褐色の砂漠と灰色の砂漠はこれまた南米の自然らしく圧倒的です。時間がない方はツアー(宿泊した所では1人COP40,000)に申し込めばさくっと両方の砂漠を回れます。

・ 星空。流れ星も目を凝らさずして2回も見えました。こんな星が綺麗ならもうちょっと高校の時の地学が楽しくなっていたのに、なんて考えてしまいます。子供と展望台で夜から始まるおじさんの説明を聞くのも勉強になると思います。

以上、簡単ではありますがタタコア砂漠でした。ご質問等ありましたら下記コメントもしくはメッセージを頂ければ幸いです。

desierto-de-la-tatacoa-french-2
タタコア砂漠(Desierto de la Tatacoa) フランス人のお爺さん

“ボゴタから週末で楽しめるタタコア砂漠(Desierto de la Tatacoa)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です