外国人に教える日本の歌ならDJ KROさんを

海外にいると、日本語を勉強している学生からよく日本の歌を教えてくれといわれます。歌はフレーズ毎頭に入りやすいから語学の勉強にもなるという王道の勉強法で、今スペイン語を30歳間近にして勉強を始めたワタシもこの重要性をよく理解しています。有名な曲はホームパーティーでもよくかかるので盛り上げるためにも覚えるのは必須ですが、コロンビアの音楽にはどっぷりはまれていません(音楽が本当に好きな人ってジャンルの壁を越えてそれぞれの音楽の良さを感じられるんだと思いますがワタシはまだその領域に到達していないようです)。それでも自分の音の嗜好にぴったりな曲に出会えれば世界はまた広がるんだろうなっていつも思うんです。だから今回は自分が最高にかっこいいと思う音楽を毎回ドンピシャでかけてくれるDJ KROさんの曲をシェアします。これをきっかけにもっともっと日本の音楽に、文化にはまってくれる外国人が増えればいいなって思っています。

彼の選曲は言語が日本語でも、刺さる層には刺さるので外国人のファンが多いのも納得です。彼も所属するChilly Sourceはワタシがフォローする最高のDJ集団ですが、LAのラジオでも活動し始めたということで、漸く日本の音楽シーンが海外で評価され始めてきた兆候なのかと捉えています。

流行っている日本の曲という意味でAKB48やJポップを紹介するのは文化の一面を知る上でもいいことだと思うんです(秋元氏と彼女らは本当に凄い方々だと思います)が、商業的な音楽だけでなくて本当にかっこいいと感じられる音楽を創っている人達、それをまとめてくれるDJが評価される世界になって欲しいなというのがささやかな願いでもあります。日本に興味がある学生は既にアニメやオタク文化、ヴィジュアル系バンドを我々普通の日本人より詳しい傾向にあったりしますが、今後は日本のメローなヒップホップを入口に日本に興味を抱いてくれる人達が出てくれば、色んな角度から日本を評価してくれるのかななんて期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です