ボゴタ近郊小旅行②:ボニートな村Mongui(モンギ)

mongui-boyaca-10

ボゴタ近郊小旅行①:Lago de TotaとAquitaniaに続いてMongui(モンギ)です。1泊目はAquitania、2泊目は別の街もしくは村に行こうということで、サーファー兼キリストの像にお別れしMonguiへ。これまた綺麗な村でしたので今回は1.Mongui、 2.Calicanto Real Hotel、  3. 2時間ハイキングコースで絶景を満喫の3つを写真メインで共有します。少しでも村の魅力をお伝えできればと思います。

1.Mongui

mongui-boyaca-7 iglesia-mongui-2

mongui-boyaca-5

特に今はクリスマスの季節のため小さな村全体がイルミネーションに満ち溢れ、しかし平日だったためか観光客が少ないのもこれまた最高でした。2泊3日の今回の旅全体で見かけた外国人はたったの6人で、うち2人は若いフランス人のカップル、2人は50代くらいのフランス人夫婦、残り2人は話しかけてないのでわかりませんが多分フランス人だろうと。なかでも50代の夫婦は2週間半の短いバカンスでこの小さな村まで足を延ばしたらしく、旅のスタイルと目的って本当欧州と日本では異なるんだなと実感。加えて、恐らくフランス語での情報量の多さ、そして未開の地を切り開きたがる探求心にはいつも感心させられます。

小さい村なのですれ違う人みんなに一言挨拶すれば全て笑顔で返ってきました。上の写真のおばあちゃんにはナンパされコーヒーをご馳走になったり、羊に出くわしたり心温まるひと時を過ごせました。ストリートフードもどれでも一つCOP3,000(約100円)なので色んなものを試せます。Monguiは少々遠くて寒いのも事実ですが、週末のんびりするには本当おススメできる村です。

 

2.Calicanto Real Hotel

calicanto-real-hotel-garden-mongui-7先日ボゴタで友人と飲んでいる時にMongui出身の子と知り合い、家族がMonguiでホテルを経営しているということなので期待せず行ってきました。ところがどっこい、ホテルの隣には小川が流れており、ホテルの庭は広く落ち着いていて、まず外観で魅了されました。そしてアンティーク調で清潔なホテル内も最高に快適です。このホテルのおかげでMonguiの街全体がより美しく感じられました(1人COP40,000、約1300円)。もっと安い宿はありましたが、最後の小旅行を満喫させるためにもこちらを選びました。


3.2時間ハイキングコースで絶景を満喫

mongui-hiking
肝の据わった羊。彼は自分の毛がいずれポンチョになると知っている

mongui-hiking-6

一番有名な8時間コース(ガイドの予約必須)があるようですが、それは体力的に無理ということで2時間の滝まで行くコース(4km)をガイドなしで行きました。その8時間コースというのも実は馬で行けたりという話もあったので詳細はメイン広場にある観光インフォメーションセンターまで。滝は大したサイズでもないので感動は到着した達成感だけでしたが、その近くにある頂上から一望できるアンデス山脈の山並みの景色ときたら壮大です。是非自分の肉眼で楽しんでください。

以上、ボゴタからの小旅行でした。

“ボゴタ近郊小旅行②:ボニートな村Mongui(モンギ)” への3件の返信

  1. ピンバック: 写真写りの良い村4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です