ボゴタで夜遊びするならまずBBCで

ボゴタに来たのに夜何をすればいいかわからない旅行者の方向けのお話です。BBC、紛らわしいですが英国放送協会のBBCではなくてBogotá Beer CompanyのBBCです。ボゴタには無数にあるチェーンのパブで、カルタヘナ、バランキージャ、サンタマルタ、メデジンでも営業しています。

BBCをおススメする理由

創業は97年、コロンビアの独占されたビール業界(後に言及)に欧米手法の小さなブルワリーで切り込むわけですが、ここまで事業を急拡大できたのは2013年にPEファンド(ドラマ「ハゲタカ」に出てくるような経営をテコ入れする会社)が会社経営に関与し始めた頃からのようです。例えば2014年の売上高は2012年と比較して61%増加、それまでと比較して14倍ものキャパの醸造所に投資、等々。東京でいうと大学時代からお世話になっている「HUB」を少しお洒落にしてクラフトビールで攻めたイメージですかね。なぜあえて「HUB」の様なチェーンのパプをここでおススメするのか、というのもまず①知名度が高い、そして②ビールがダントツ旨いから。

①ボゴタを中心に27店舗(2017年1月現在)。基本的に同じ種類のビールを兼ね備えるも、ナショナル大学近辺の店舗は少し単価が低かったり、店舗によって少し雰囲気は変わってきます。ボゴタ市内(特に北部)にはどこにでもあるので、じゃあBBCでいっか、となる場合がよくある。

②ビールが旨い。20代後半によくある、「量より質で」という新社会人特有の恥ずかしいコメントをお許しいただけるのであれば、ここにはIPAも黒も白もあるしどれ飲んでも旨い。ビールだけはBBCにアウトソースしている飲食店は沢山あります(以前ご紹介したWOK IZAKAYA等もビールはBBC)。

日本の物価感覚からすれば安いですが、普通の缶ビールを提供するローカルのバーと比べて決して安くないので、客層も外国人もしくはお金のあるコロンビア人なので大抵は洒落た雰囲気です。

コロンビアのビール事情

数行でコロンビアのビール事情は語れませんが、コロンビアの代表的な缶ビールである(勝手に人気ランキング順)Club Colombia、Poker、Águila、これら全部同じ会社の別ブランドってことだけお伝えできればと思います。ボゴタから北部のボジャカ県へ向かう道沿いにBavaria Breweryの醸造所がありますが、この会社がコロンビアのビール市場を独占していて、親会社はSABMiller。日本にはビール会社がまだ独立して残っていますがこれって結構例外で、世界的に見ればABInvebとSABMillerに集約しているのも事実でコロンビアだけを責めるつもりはありませんが、ここのビール業界は完全に独占です。囲い込まれています。競争がないと最終的に損するのは消費者なのに、コロンビアの悪いところはそれをなかなか変えようとしないところ(少なくとも外国人からはそう見える)。それでも飲食店発信でその巨頭に立ち向かうベンチャー的な存在であるBBCが業界に揺さぶりをかけている、のが今のコロンビアのビール業界のざっくりした流れ。しかもBBCは2015年にABInbevのブラジル子会社Ambevに買収されたようで、なんとか健全な競争環境の下地はできたようです。

以上、せっかく首都のボゴタで夜予定がないのであればチェックしてみてください。店舗の場所はこちらのページから確認できます。ハンバーガー等の軽食もありますので夕食を兼ねて、もありです。

参考: Bogotá Beer CompanyBudweiser in BBC? Bogota Beer Company Acquired By Inbev’s Ambev Unit(Finance Colombia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です