ボゴタでサルサ踊るならLa Negra

コロンビアに住み始めてから1人酒を飲む習慣がなくなったのと、飲みに行く機会自体も減ってしまったので、自然と夜遊び情報を更新していませんでした。今回はコロンビアのサルサとその雰囲気を存分に楽しめるクラブ、La Negraをご紹介。

La Negra

住所:Cra. 7 #4763, Bogotá

ご紹介といってもかなり有名な場所だし、3回しか行ったことないので仰々しいですが、友人がコロンビア滞在1日だけあってコロンビアを体感したい、どこに連れていってくれるのかと迫られれば、ここには寄るかも、というぐらい有名で安定したところです。個人的に、サルサは初心者が嗜む程度しか踊れませんし、わざわざ好んでここに来るわけでもありませんが、サルサしに行くなら・コロンビアを体で感じるならここがいい、その程度です。客層は学生もいれば30代後半もいる感じ。ワタシは29ですがそこまで年齢に違和感を感じることなく楽しめます、ここなら。外国人もちらほら。雰囲気は凄い平和。なによりワタシがここで好きなのは音楽がサルササルサし過ぎず、少しカリブ海のブラックなテイストがある曲がかかる点です。普通サルサバーに行くと、何度も何度も聞いたことのある曲だしサルサ音楽に関する教養もないからとすぐ飽きますが、ここの音楽は聴くだけでも十分楽しめる。コロンビアの音楽事情はまだまだ勉強中ですが、太平洋側の音楽は少し独特でサルサなのかレゲエなのかポップなのかわからない全て混ざったような音楽を創ったりしています。例えばChocQuibTown(チョッキ―タウン)とか個人的には凄い好きで、この辺のアーティストの曲が良くかかってます。日によってDJによって変わるんでしょうがご参考までに。ボゴタの夜を満喫あれ。

帰りはUberを

帰りのタクシーは1人で乗らないようにしてください。過剰請求されるのは間違いないし、クラブの目の前に停車しているタクシーですら正規料金の3倍ぐらいです(乗車前に交渉してこれくらいを提示してくる)。タクシー強盗に巻き込まれる可能性もあります。先日時間がないときに流しのタクシーにのり、疲れていたので運転手とも会話をせず、目的地に到着して初めて「いくら?」と声をかけたら正規の料金の10倍を請求してきました。嘘をつく人の顔のあの違和感ってなんなんでしょうね、気付いてないと思ってる嘘つきが多すぎる。ボゴタのタクシーの厄介なところは表示されているメーターは料金ではなくて、それをメーター換算一覧みたいなシートをみて判断するんですよね。それをちらっと見せつけながら自信満々に目をくりっとして10倍の値段を請求してきた時はさすがに面白かった。「はあー?笑 もう一度値段言ってみ?」っていったらひきつった笑顔を取り繕って料金が先ほどの1/10になってるという。今後ずっと旅行者がこの面倒なやり取りをしなきゃならんと思うと腹が立ってきて、殴りたい衝動に駆られましたが、触らぬ神に祟りなし。基本夜間のタクシーは性悪説で十分気を付けて乗車ください。

言語に自信がない場合は特に、面倒でもTappsi等のタクシーアプリでタクシー呼ぶか、Uberを使ってください。ちなみにUberは最近警察、タクシー運転手による不当な嫌がらせが横行しているので、Uberを呼ぶ際はクラブから少し離れた場所を指定しないと車が来てくれない、もしくはキャンセルされる可能性が高くなっています。それでもワタシはUberの方が安心安全だと確信しています、ボゴタでは。

ご参考:

“ボゴタでサルサ踊るならLa Negra” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です