カリの治安をざっくり把握

まず始めに、ワタシはボゴタ在住でカリには数日しか滞在していないので、ここでの情報を鵜呑みにしないでください。ただ、日本語での情報が限定的なので少しまとめます。

犯罪に巻き込まれるときは巻き込まれる

ボゴタに住み始めて1年弱ですが、特に窃盗や強盗等の被害はありません(コロンビア南部を旅行中カメラを盗まれる被害にはあいましたが。。涙)。事実として、そういう類の軽犯罪は多いものの、結局は個人がどこまで予防するかにかかっている部分が非常に大きいと感じています。なのでボゴタに2、3日滞在する中で盗難被害に遭う日本人の友達もいたし、何も被害なく何十年過ごしている日本人もいるので、被害を受ける人、その人の行動に因る部分が結構大きいというのは否めません。当然、確率の問題なのでトラブルに巻き込まれる可能性を最大限に減らすことが大事で、そしてなにより最後は運です。巻き込まれるときは巻き込まれます。

危ない地区を把握

知らない街、初めての街ってやっぱり不安です。ボゴタに住んでいて治安悪いと感じるハードルが下がっているのは事実ですが、カリに行くとなって結構不安でした、ワタシは。だから危ない地区は宿の人に事前に確認してください。

カリに長く住んでいた友人も多いので彼らの情報も参考にさせてもらうと、

  • *mioが走っている地域は比較的安全(主にカリ市内西側を縦断するCalle 5とか)。*バス専用レーンを走るバス、ボゴタでいうトランスミレニオ
  • 東側には用事がなければ避ける(用事なんて大抵の人にはないはず)
  • というのも東側には北斗の拳を彷彿させる殺伐とした地区がある(本当に危険)
  • 西側もケーブルカーで行く地区は用がなければ降りない(メデジンと似た状況かな)
  • 和食レストランがある地域は比較的安全(単価高いからね。Googleマップで「comida japonesa」とタイプすればイメージは掴める)
  • タクシーはボゴタで乗るより安全だしメーターが直接料金表示している(繰り返しますがボゴタで流しのタクシーは本当に避けてください)

とまぁ箇条書きですがご参考になれば幸いです。

基本的に駅近の方が便利だから地価が高い→お金に余裕のある人が多い→犯罪は少ない。逆は逆。日本と似てるようで明確に違うのは、こっちの貧しい人達は相対的貧困ではなく生きるか死ぬかの絶対的貧困の状態の人達が多いので、強盗する時だって向こうは本気です。いくら喧嘩に自信があっても複数人には敵いません。武器所持の可能性も高いです。ドラッグ漬けの人も多く、人の生死の重みが違ったりするのでその前提の違いは頭の隅に入れて置いておきませう。

外にいる限り危険センサーは立てて置くべきですが、そればっかでも楽しめないので適度に。個人的にカリには1年前に観光で半日だけ寄ったことがありましたが、暑くて黒人が多いサルサの街という印象だけでした。が、今回日系人協会やら天理教、日本食を扱うお店(Yasai Tienda Japonesa 味噌も豆腐も買えます。おススメ)、和食レストラン等、日系人コミュニティの方々にお世話になったことでカリに対する印象がいい意味で随分と変わりました。治安は無視できない要素ですが、もっともっと色んな角度からカリを満喫して欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です