コロンビア、日本からの投資受入歓迎

内戦終結のコロンビア 政府高官が来日し投資呼びかけ

内戦終結のコロンビア 政府高官が来日し投資呼びかけ

5日も前のニュースになりますが、コロンビアの政府高官が来日し日本企業に対してコロンビアへの投資を促す講演会に参加されたようです。

スペイン語になりますが、下記の記事に詳細が記載されているのでご参考までに。

Colombia quiere más inversiones y turistas japoneses

エッセンスだけ要約すると、

  • 内戦終結→経済発展の可能性あり
  • 三菱UFJ銀行とみずほ銀行と対談
  • 2010‐2015年の日本からの投資額は2004‐2009年と比べて17倍増加
  • 日本企業の興味関心はコロンビアにて「既存事業のマーケット拡大」
  • コロンビアの農産物もアピール(コーヒー、花、トロピカルフルーツ、カカオ等)
  • 昨年のコロンビアへの日本人旅行客は7000人、旅行客全体の2%

ちなみに別記事では2010‐2015年の日本からの投資はアジア1(中国に抜かれるのは時間の問題。響きの良い謳い文句は謳えるうちに謳っておく)、プロジェクトは10件、セクターでいえば再生エネルギ-54.1%、金融10.8%、化学7.6%、自動車7.3%、他。

つまり商社が関与するような大きなインフラプロジェクトが1件でも入れば、数字がガラッと変わるのであくまでも数字のマジックには騙されないでください。ただこの国で懸念される治安の問題も落ち着いてきたなかで、日本企業の興味関心が強まっているのは当然の話だし、数字だけを追えば次の5年の直接投資額はこれまた急増するでしょう。ただ実際ここで働いている日本人の派遣員や、独立して働いている人達の本音はどうでしょうかね。数字には見えない壁を感じている会社、人は多いのではないでしょうか。この話はいつか頭が整理できたらしたいなと思っています。

結論、コロンビアはまだ「BUY」だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です