Amen Ramen: アボカド入りローカルラーメンの何が悪い

Amen Ramen。アーメンラーメン、店名の語呂と響きがいい。行ってきました。

Amen Ramen


住所: Cra. 6 #53-51, Bogotá
Facebook:https://www.facebook.com/AmenRamenYa/

店入ってまず感じるのが、凄いお洒落な店内の雰囲気。モダンでシックなラーメンバーという感じ。そういう華美な雰囲気はいらない、って思う一方でコロンビア人の友達にラーメン屋連れてって頼まれると、旨いご飯を食べさせることだけが目的ではなく、雰囲気含めエンターテイメントできる、おもてなしできるという意味でこういう店は助かるのも事実。

決して安くない。

ラーメン1杯が税込みでCOP30mil~(約1000円)するので決して安くない。それでもお洒落な客層のためか、ラーメンの見た目、具、自家製麺には凄い気を使っていて、値段相応な感じ。渡海の麺の醤油ラーメンをこの価格の約半分で食べられると思うと割高感は否めないけども、雰囲気含めまあこんなもんかと。

レシピはアジア、材料はコロンビア

なんでもオーナーはニューヨーク、バルセロナでシェフ(和食ではない)をしていたコロンビア人。忙しいのに無駄話に付き合ってくれた凄いいい人。レシピはアジア(あえて日本ではない)、材料はコロンビアに限定しているという割り切りようで、コンセプトが明確だから支持者も結構いるようす。アボカドが入ってるラーメンもあり。ご参考までに日刊紙の大手El Tiempoにも記事があります、こちら。海外の和食レストランは中国人やアジア人が日本人になりすましてやっている、ホンモノの和食ではない、って考え方の日本人は結構多いという印象ですが、美味しければいいんじゃないかな。美味しければ。

担々麺が食べられる

Dan Dan Mazemen @Amen Ramen

この店の特徴といえば、材料がコロンビアということもそうですが、mazemenがあります、マゼ麺。「Dan Dan Mazemen」とあり、中国語を勉強したワタシには一瞬でわかりましたよ、汁なし担々麺ってことがね。Dan Dan Mazemen、Dan Dan Mien、タンタンメン、担々麺。辛さは1から10まで選べて、辛めの8にしたワタシは店員に指摘される程の軽い汗を流しながら完食。うますぎてまた明日絶対来る、とまではいかなかったものの、ボゴタで汁なし担々麵という希少性も相まってたまに食べたくなるんだろうな、という感じ。以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です