グアタぺで遊覧船沈没。また悪いニュース

コロンビアで遊覧船沈没 9人死亡 約30人不明(NHK)

悲しいかな、日本のメディアに取り上げられるコロンビアのニュースは悪いことばかりです。現地でニュースを見ても憂鬱になる話ばかりなのは事実ですが。

コロンビアの観光地で有名なグアタぺ(第二の都市メデジンからバスで2時間程)の遊覧船が沈没。現地時間25日夜10時の時点での現地の新聞(EL TIEMPO)によると170人以上(一番初めの情報で不明瞭。)が乗船、その際ライフジャケットは渡されなかったとのこと。133名救助(内3名が病院)、16名行方不明、6名死亡を確認。(とありますが、その前の現地時間25日夕方6時の時点でのNHKによれば100名以上が乗っており、約30人が行方不明、9人死亡とのこと)。死亡が確認された6名の中に日本人らしき名前はありません。動画はSNSで拡散されていますがリンク先にもあり。

今週は月曜日が休日の三連休なので滅多に旅行なんて行かないコロンビア人の友人でもリオネグロ(メデジンとグアタぺの間にある保有地みたいなとこ)に日帰り旅行を誘ってきたりしたので、グアタぺに観光客が溢れているのも容易に想像できます。それこそちょうど明日日本人の友人がグアタぺに行くとも聞いていたし、こういうのもあれですが16名の行方不明者の方の中に日本人がいないことを祈ります。

悪いニュースばかり。死者数、やっぱりおかしくないか

先日の首都ボゴタのショッピングモールの爆弾テロ(日経。在住者としては治安の問題も心配せずいられた裕福なエリアなので、相当なインパクトあり)といい日本人が立て続けに被害にあってることなど(過去記事)、和平合意後の治安の悪化に伴い日本人がこれ以上犯罪に巻き込まれて欲しくないな、と在住者として思っていた最中、治安とは全く関係のないところでも観光客の死者が出てしまったのは残念で仕方ないです。事実なので旅行を計画されている方等は知っておくべき事柄ではありますが。

ちなみに23日には違法運営されていた炭鉱でメタンガスによる爆発事故が発生して13人が死亡していますが、事故が起きたククヌバは先日書いた観光地でもあるシパキラの塩の大聖堂から北へ1時間車で走ったところです。観光客は行くことないでしょうけど、もう絶対安全なところなんてないんでしょうね。それを踏まえて在住者はここに暮らしているし、旅行者の方もそれを踏まえて来てくださいね。魅力も溢れる国です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です