コロンビアのアーティスト(歌手)ここを抑えればOK

本当はこういうまとめ記事は自分のフィルター通して厳選したいんですが、餅は餅屋ということで、ビルボードがまとめてくれたのを紹介します、グラシアス。

The Best of Colombia: 20 Artists You Need to Hear

上のリンク先で紹介されているアーティスト名を列挙すると、

  • Carlos Vives
  • Fruko y Sus Tesos
  • Toto la Momposina
  • Joe Arroyo
  • Shakira
  • Grupo Niche
  • J Balvin
  • La Sonora Dinamita
  • Juanes
  • Silvestre Dangond
  • Maluma
  • Bomba Estereo
  • Manuel Medrano
  • Jorge Celedón
  • Fonseca
  • Herencia de Timbiquí
  • Martina La Peligrosa
  • Chocquibtown
  • Peter Manjarres
  • Cabas

ここ2年ビルボードのラテンチャートにてコロンビアが席巻している、とあるように世界的に有名なアーティストがゴロゴロいるようです。いるようです、と書いたのも、コロンビアはポップ、レゲトンが圧倒的に支持されており、そこは完全にワタシの守備範囲ではなく、恥ずかしいことにこの20選で名前だけでわかるのは半分ありませんでした。ただ1つ1つみていくと、最近のアーティストの曲であれば大抵どこかで聞いたことあるものでした。なので元々レゲトンなりラテンポップが好きな人はこの国にいるだけで幸せになれます、きっと。また、この辺の曲をしれっと歌えればコロンビア人との距離はぐっと近づくでしょうしね。

無理矢理絞るとすると

ワタシと同様に、あまりこの辺の事情に通じていない人に20選分を覚えるのは厳しいでしょうから絞ります。

ポップでは当然シャキーラ(さすがに彼女は、ね)、カルロス・ヴィヴェス、あとフアネス。前者2人が歌う下のLa Bicicleta(自転車、の意味)はこの1年で何万回耳にしたことか。うそ。でも初対面の人でも突然この曲をもじったりするので、そこで適切なリアクションができないとヤヴァイ奴と認識されるので一般常識として知っておいていいかと思います。


レゲトンだとマルマとJ.バルヴィンとかでしょうか。再生回数が億超えてるなんてそうないですからね。2人とも相当なマッチョイケメンで、PVに出てくるのは必ず美女と大都会でもしくは別荘でというお決まりの設定ね。なんかこの辺りの商業的な臭さを感じてしまうんですがね、個人的には。あえて擁護すると2人ともメデジン出身で、この最高レベルの美男美女はメデジンの街を歩いていると普通にいます。もはや恐ろしい。


最後に、以前紹介しました個人的にはBomba EstéreoとChocQuibTownが好きです。かっこいい。音楽は好きか嫌いかの直感でいい。


もっといい曲あるから!なんてご意見ご要望あればいつでも下記のコメント、もしくはダイレクトメッセージお待ちしてます。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です