パナマのホステル:Casa Monalisa

前回パナマ行った際に宿泊した宿の情報書き忘れていました。

宿泊したのは「Casa Monalisa」というホステルです。パナマで安宿探すの面倒であればここで全然いいかと。長期の旅慣れしていない日本人に「は?ホステル?」というリアクションされることありますが、逆に1人旅でホテル泊まって何が楽しいの?っていつも思ってしまいます。以前中国で贅沢な旅がしたくて1人シャングリラとリッツに泊まったけどあのゴージャスな空間を独り占め()したのは凄い辛かった。ああいうところは特別な友達とか彼氏彼女とかと宿泊自体を楽しむもの、もしくは金が余って仕方ない方々が楽しむものだと世間一般の常識を知りました。使い分ければいいですわね。

相部屋が嫌であれば個室に泊まればいいし、基本的に1人旅を好む自分には情報収集と友達を作るためにホステルがいい。安いのはもちろん。パナマ高いって前回書いた通りです。

良かった点

・非常に治安のいい地区(これ一番大事)
・玄関の出入りが指紋錠なのでいちいちスタッフに気を遣う必要がない
・朝ご飯はパンケーキ、バナナ、コーヒー(休日は確かコーンフレーク)
・安い(ドミは11ドル~、個室は20ドル~)
・日本人が1週間に1人2人ペースで来る
・すんごい金に困ってる人なら軽くバイトして宿泊費免除できるっぽい(当然だけど人柄とかコミュ力とか人手不足具合に寄ると思うので)

悪い点

・夜9時以降冷房が付くのだが、異常に寒い(毛布は借りられるし、熱帯の新興国あるある)
・プールなし

朝ご飯とか全然期待してなかったけど、誰かに用意してもらうのって楽だなとしみじみ感じたのと、みんなで雑談しながら食べるあの時間が結構好きなんですよね、効率良く情報交換できるし。夜の飲みニケーションは時間の無駄だからもう全然してないですね、多分歳なんでしょう。あと、人との繋がりを求めてホステルに来てる人が多いから簡単に友達ができる(欧州、中南米からの人が多かったかな)。


Casa Monalisa PTY
住所:Calle 55 Este, Final Calle 55 Este, Casa Número 14 al lado de, Avenida de la Rotonda, Panamá, Panama

行き方

空港からは白タク(ため息)で行ったけど、当たり前のように運転手は↑の複雑な住所を理解することはできず、しかも道路は一方通行ばかりなので結局私のグーグル地図で私がナビすることに。スペイン語不慣れであれば「Calle 50, gira a la derecha antes de F&F Tower(カジェシンクエンタ、ヒラ ア ラ デレッチャ アンテス デ エッフェエッフェタワー)」と言えばさすがに大丈夫でしょう。F&F Towerはクネクネした特徴ある建物。地区(Barrio)はObarrio(オバリオ)。

日本人もいたよ

日本人もたまたま数人いましたので一言。やっぱ傍から日本人だけで日本語だけでくっついているの見ると怖いよw  改めて日本人は謙虚でもの物腰柔らかくて優しくて、めちゃめちゃいい人達なんだけど(ま、中南米に長くいると彼らは鴨がネギしょってるようにしか見えないのは否めない)、日本語話せない外国人から見える印象って全然違うんですよね。いい人達故に、勘違いされているのは本当に悲しくなる。若者よ、下手でも英語使え。そして日本人のおっさんでなく、外国人の美女に自ら話かけて友達になれ。斜に構えるな。ってまあ日本の未来を憂慮するおっさんみたいな戯言でしたが、コロンビアに来る日本人旅行者の中には毎日ひたすらナンパして毎晩違う女性抱いていた強者大学生w もいたので、実のところあまり心配はしていないけど。

最後に、

中長期で滞在するならAirBnb(←のリンク踏むと初回割引あるはず)が好きですが、始めの数日は結局ホテル・ホステルが楽で、予約はいつもBooking.com利用しています。Booking.comも←のリンク踏んで予約すると2,000円割引(数に限りがあるって話)らしい。んでもって私も得するらしいからウィンウィン、スペイン語ではガナガナ(gana gana)ね。金にならないブログを書くモチベーションになるので応援の気持ちがあれば是非。そんじゃ。

以下写真をクリック頂けるとスズキのやる気が上がりブログ更新頻度が高くなります。できるだけ頑張ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です