コロンビアじゃなくてコロンビアね!

やってしまいましたね、アディダス。。
サッカーの南米選手権100周年を記念して行われた「コパ アメリカ センテナリオUSA2016」(今回はアメリカ・メキシコ等の北・中米組も参加する国際トーナメント)に乗じて、アディダスはコロンビア代表の新ユニフォームの広告を公開。本来、「おーかっこいい」、で終わるはずの広告が予想以上に(悪い意味で)注目を浴びてしまったのはでかでかと「COLOMBIA」となるところを「COLUMBIA」とスペルミスしてしまったため。 “コロンビアじゃなくてコロンビアね!” の続きを読む

コロンビアの携帯電話事情:留意点

SIMカードを変更しても正常に作動しない場合に考えられるのが、①携帯端末のSIMロック有無、②以前使用したMVNOの有無、の二つが考えられるかと。これ、あくまで素人のワタシが想定してる可能性の話なので細かい点は周りのギークに聞くなりショップの方に聞くなりしてください。

①日本で携帯端末を購入した場合、携帯キャリアがロックをかけるという悪しき習慣が残っていたため、通常であればSIMカードを差し替えても使えません。最近になって漸くロック解除に動き出したようですので、日本の各携帯キャリア(NTTドコモauソフトバンク)にご確認ください。ワタシは香港でiPhoneを購入したので無問題。万歳

②普通は問題起きないと思います。が、ワタシのように香港から日本の短期滞在中に、”YAMADA SIM powered by U-mobile”(家電量販店で販売されているMVNOのSIMカード)等を使用したことがある人は、”設定”→”一般”→”プロファイル”に残っているU-mobileを削除してください。ワタシのケースはそれで3Gであった電波が4Gとなりネットにも繋がるようになりました。

コロンビアの携帯電話事情

*変化の激しい業界なので2016年7月現在の参考情報としてご了承ください。

コロンビアの携帯電話会社(いわゆる携帯キャリア)は大きく下記の3社が独占。

1.Claro:コロンビア最大のユーザー数を誇る(2009年からシェアは減少傾向)。親会社はメキシコのAmérica Móvil。プリペイド利用では他2社に比べ少し高め(他2社はコロンビア国内で通話する分には一律料金であるのに対し、Claroは通話するキャリアや事前の番号設定をするしないで料金が異なる)。

2.Movistar:スペインの大手通信企業Telefónica傘下。MovistarはTelefónica Móvilesのブランド名。Telefónica自体はもともと国営企業で(日本でいうNTT)でスペイン及び中南米のスペイン語圏で最大規模の通信業者。

3.Tigo:コロンビアで3番目の規模。TigoはColombia Móvil TIGOの携帯ブランドで、その親会社はスウェーデンMillicom。 “コロンビアの携帯電話事情” の続きを読む

南米・コロンビアの情報発信 はじめました

オラコモエスタス、ブログ管理人のアツシです。日本では胸を張って言えないスズキという苗字も海外では、イチロー選手と自動車のSUZUKIのおかげでしたり顔で自己紹介ができます、スズキアツシです。

当ブログはワタシのコロンビア長期滞在に伴い、主に南米、特にコロンビアに関する情報を探している方を対象として始めました。南米全般にもいえることかと思いますが、日本語のコロンビア情報の情報は不足・偏りがあるので、少しでもコロンビアの魅力をワタシのコトバでお伝えできれば幸いです。またブログは不特定多数の方も閲覧できるので、同じマインドを持った方がワタシに接触できるよう発信していく次第でございます。