ウーバー・カラニックCEO辞任 頼むからサービスは問題なく続いてくれ

規制逃れなりセクハラ問題なり、そもそもの強引な経営手法が問題視されていたウーバーですが、どうやらカラニックCEOが辞任した様子。

コロンビアの当サービスに影響がどこまで出るかわかりませんが、 “ウーバー・カラニックCEO辞任 頼むからサービスは問題なく続いてくれ” の続きを読む

ボゴタから日帰りで行けるシパキラの塩の大聖堂(というか洞窟)

ボゴタから日帰りで行ける距離にある観光名所であるシパキラの塩の大聖堂。ボゴタに住んで1年経つも、外国人の友達からは不評だったのですっかり忘れていましたが、先日漸く重い腰を挙げ「せっかくだから」という観光の決まり文句で自分を説き伏せ行ってきました。 “ボゴタから日帰りで行けるシパキラの塩の大聖堂(というか洞窟)” の続きを読む

アエロメヒコ航空セール6月18日まで

忘れてました。あと数日ですが、2017年12月15日までのフライトが安くなっています。さくっと適当な日付でコロンビアまでの航空券を検索しても10万円を切っていたのでこれは安い。当然メキシコ行きはもっと安く、一番安い55,400円の成田ーメキシコシティは日程が運良くハマればでしょうけど、こんな破格で旅できる時代になったんですね。ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ
“アエロメヒコ航空セール6月18日まで” の続きを読む

ボゴタのメイドカフェで虚構の日本文化を思ふ

そう、コロンビアにもメイド喫茶、メイドカフェがあります。「お帰りなさいませ、ご主人様」のアレです。ワタシが知ってる限りボゴタに3店、メデジンに1店(2017年6月現在)ですが、恐らくそうすぐには潰れないだろうと思われるボゴタで一番規模の大きいKurenai Maid Caféに行ってきました。すると店の窓ガラスに「se arrienda」と物件入居者募集の張り紙が。。ということでこの記事を閲覧されている時点では店はなくなっているか移っているかしている可能性が高い点、ご留意を。 “ボゴタのメイドカフェで虚構の日本文化を思ふ” の続きを読む

ボゴタのカフェ巡りパート4(カンデラリア編)

ボゴタの観光の中心であるカンデラリアには美味しいカフェが限られている、と前回自分で書いててどこか違和感を感じたので、カンデラリアの散歩がてらカフェを巡ってきました。今回紹介するのは下記5店。

7.VARIETALE Eje Ambiental (Diagonal 20A No 0-06)
8.Cafe Ibanez (Cl.10 #3-99)
9.Café Unión (#2 a 98, Cl.10)
10.Arte y pasión Café (Cl. 16 #7 – 76, Bogotá)
特別編.Distrito Chocolate (Cra. 2a #17-60)

随時更新しているカフェマップ@ボゴタです。ご参考にしてください。
“ボゴタのカフェ巡りパート4(カンデラリア編)” の続きを読む