イベリア航空:日本と南米がまた一歩近づきました

先日10月19日、18年ぶりとなるイベリア航空による日本再就航の初便(マドリード・成田線)が到着したようす。18年前となると前回の最終便は1998年となるわけで、邦銀が抱える不良債権処理に公的資金が投入される等、世界における日本のプレゼンスが急下降している真っ最中な時期で日本人にとって欧州が遠ざかっていたのは十分想像できます。

この記事を取り上げたのは何といってもイベリア航空は欧州から南米へ週250便を運航、南米路線は53%(2015年度)を占めているとされるほど南米との結びつきが強い航空会社だからです。 “イベリア航空:日本と南米がまた一歩近づきました” の続きを読む